尊厳死と安楽死の違いは?なんで日本では違法なの?わかりやすく解説します。

気になるニュース

女性から依頼を受けて薬物を投与し、殺害したとして、仙台市内の開業医(42)と東京都内の医師(43)を嘱託殺人容疑で逮捕した事件が話題になっています。

スポンサーリンク

依頼した女性は難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)で在宅介護を受けていた方で、SNSなどを通じて二人の医師と知り合ったと言われています。

この事件に対して世間では、

「尊厳死」や「安楽死」のあり方が議論されています。

 

今まであまり語られて来なかっただけに、

そもそも「尊厳死」や「安楽死」はどう違うのか?

日本ではなぜ「尊厳死」や「安楽死」は違法なのか?

この記事では【尊厳死と安楽死の違いは?なんで日本では違法なの?わかりやすく解説します。】と題しましてわかりやすく解説していきます。

ALS患者に薬物投与、嘱託殺人容疑で医師2人逮捕…SNSで知り合い「安楽死」か

京都市で昨年11月、難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)で在宅介護を受けていた女性患者(当時51歳)が搬送先の病院で死亡する事件があり、京都府警は23日、女性から依頼を受けて薬物を投与し、殺害したとして、仙台市内の開業医と東京都内の医師を嘱託殺人容疑で逮捕しました。

2人は女性の主治医ではなく、SNSを介して女性と知り合ったとみられ、詳しい経路は捜査中とのことでした。

捜査関係者によると、2人は昨年11月30日の夕方、京都市中京区の女性宅を訪れ、女性に多量の薬物を投与し、殺害した疑いが持たれています。

女性はマンションで一人暮らしで、24時間体制で介護を受けていたそうです。

昨年11月、2人が女性宅を訪れた後、意識を失っている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

通報を受けた京都府警が調べたところ、体内から薬物が検出され、防犯カメラ映像などから2人を特定したということです。

 

そして女性は周囲に「安楽死させてほしい」と話していたそうで、警察は2人が女性に頼まれて殺害したとみて調査を進めているそうです。

ちなみに筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)とはこのような病気です。

ALSは体を動かすための神経に異常が生じ、全身の筋肉が動かせなくなる進行性の難病。

最終的に呼吸が難しくなり、人工呼吸器を使わなければ生存期間は2~5年とされる。病状の進行には個人差が大きく、根本的な治療法は見つかっていない。

厚生労働省によると、国内の患者数は9805人(2018年度末時点)。

現在でも確実な治療法がない病気なんですね。。。

尊厳死の目的は?

尊厳死とは、患者本人の意思により延命措置をやめ、人間としての尊厳を保ったまま、または保つために死に臨むことです。

現在の医療では、治る見込みがない末期がんの患者でも、延命治療が行われています。
なかには、過剰な延命治療が行われるケースも存在しているようです。

ここで問題になってくるのが患者本人や家族への精神的・金銭的な負担です。

治らないのに治療を続けなければいけない状況は、患者本人への精神的負担が大きいものです。

ただ苦痛なだけの延命治療を続けて生きながらえるよりも、自分らしいままで死を迎えるために延命治療をやめることは、その人の尊厳を守る目的が第一ですが、同時に本人の希望を尊重しつつ、家族への負担も軽減できる方法なのです。

  • ポイント尊厳死とは患者本人の意思により延命措置をやめ、人間としての尊厳を保ったまま、または保つために死に臨むこと。

 

尊厳死と安楽死はどう違うの?

「尊厳死」と「安楽死」は何が違うのか、いまいち理解していない方が多いのではないのでしょうか?

安楽死の定義を調べると「末期状態の苦痛を回避するため、回復の見込みがない状態になる前に、人為的な方法によって死期を早める。」といった情報が出てきます。

安楽死というのは大きく分けると3つあると言われています。

1つ目が「積極的安楽死」。

これはいわゆる自殺幇助と呼ばれる行為で、致死薬などを患者に投与し死期を縮める行為のことをさします。日本では嘱託殺人罪で違法となる行為ですが、海外(オランダやスイスなど)では合法の国も存在します。

スポンサーリンク

今回の京都の嘱託殺人の事件もこの積極的安楽死に該当すると考えられます。

 

2つ目は「間接的安楽死」。

こちらは患者が苦痛を感じないように眠った状態にして、治療をやめ死期を早めていくという行為になります。

 

3つ目は「消極的安楽死」。

この方法は人工透析や胃ろうなどの生命維持治療を中止し、延命治療をやめて死期を早める行為だと言われています。

どちらかと言うならこの消極的安楽死が「尊厳死」の定義に近いと言われているそうです。

ポイント

  • 「尊厳死」と「安楽死」の違い
  • 尊厳死はあくまで自然に尽きる寿命を変えずに、残りの人生を自分らしく生きる選択。
  • 安楽死は残りの寿命を縮める行為。

 

日本ではなぜ「尊厳死」や「安楽死」は違法なの?

先述の通り、日本では尊厳死や安楽死は刑法第202条の「嘱託殺人罪」に当たります。

日本では患者本人の意思があったと医師側が主張しても確固たる証拠がなければ違法行為になってしまうそうです。

日本には尊厳死のガイドラインというものが設定されていて、患者本人と医師、患者の家族が合意すれば尊厳死が許されるという考えが、近年医療の現場で徐々に容認されてきている傾向がみられます。

それでも法律的な基準などは設けられていないので、尊厳死は日本ではグレーゾーンにあると言われています。

「尊厳死」の法制化は進んできている?

日本ではまだ尊厳死は法律的に認められていません。

ですが近年では尊厳死がだんだんと認められてきていると言われています。

国会などでも尊厳死に対する議論がおこなわれ、

2014年には、日本緊急医学会や全日本病院協会が、より具体的な指針を作成し、具体的に中止できる延命治療を提案しました。

「胃ろうの中止」「心静脈栄養法など点滴の停止」「人工透析の中止」「人工呼吸器を外す」「抗がん剤の投与中止」の5つがこれに該当します。この範囲において、医療現場では尊厳死が事実上容認された状態となっています。

 

超少子高齢化とも言われている日本ですがなぜ尊厳死や安楽死に対してこれまで議論が多くされてこなかったのでしょうか?

それは日本ではより長く生きられる医療が最善だと考えられており、死を自由に選べるようにすることはタブーだと考えられていたからです。

まだ法律化はされていませんが、今回の事件を機に議論が進んでいくかもしれませんね。

リビング・ウィルとは?

「リビング・ウィル(尊厳死宣言書)」は、病状の回復の見込みがなくなった時に備えて、安らかに死を迎えたいという意思表示となるものです。

現在の日本ではこのリビング・ウィルを医師の90%ほどが支持しているといわれており、法制化がされていない日本の尊厳死において、ひとつの基準になっています。

リビング・ウィルについて詳しくはこちら

 

ただしこのリビング・ウィルもあくまで法的な効力はないので、提示したからといって尊厳死が確実に行われるとは限らないのが現状のようです。

終末期医療に対する支持や希望を表明する書式は、リビング・ウィルにかかわる各団体で発行されており、ネット上でダウンロード可能なものもあります。

しかもリビング・ウィルは途中で本人の意思が変われば、いつでも破棄や変更ができます。

自分らしく最後を迎えるという意味でもリビング・ウィルを活用するのはひとつの手段になっているようですね。

世間の声は?

世間の声についてもまとめてみました。

 

  • 患者本人が望んだんでしょう? 残された家族が訴えたか何かしたの? 患者の望みを聞いて罪に問われた医師が気の毒でならない 条件付きで尊厳死を認めてもいいのでは
  • この件では殺人の正当性を亡くなった本人、家族にゆだねているところがとても不安定で本人に本当に安楽死の意志があったか亡くなった今では検証できないし家族の同意ひとつで安楽死の意志ありとするならいくらでもビジネスが横行してしまいます 免許は剥奪ですがふつうの殺人より減刑ですし大丈夫かと
  • 殺人にはほかならないし現状じゃ仕方がないけどそうはいってもあんまり重い判決が下されないことを祈ってる。
  • 尊厳死、安楽死を簡単に認めると 必ず悪用する例も出てくる どの様に意思を証明するのか それは本当に純粋な意思なのか… 懸念される例は山ほどある 尊厳死が増え、尊厳死を選ばない…生きたい人が 白い目を向けられないかと言った 社会的な空気の醸成もある それらを無視した見切り発車は出来ない
  • ALS患者のドキュメンタリーを観たことがあるが、最後は瞼も動かなくなり、いわゆる閉じ込め状態になるらしい。 これ以上の恐怖は想像できない。 こういう人を助けてあげた、というふうにならないものだろうか。。。 融通が利かないとかいうレベルじゃない。

本当に賛否両論が出ている状況ですね。

殺人罪とひとまとまりにするものではないという意見もある中で、やはり合法化してしまったときにそれを悪用するビジネスなどが多発する可能性は否めないといった感じですね。

いずれにしても、今回の事件がひとつのきっかけになり、早期の法制化に進んでいってくれることを祈るばかりですね。

この記事のまとめ

今回は

そもそも「尊厳死」や「安楽死」はどう違うのか?

日本ではなぜ「尊厳死」や「安楽死」は違法なのか?

【尊厳死と安楽死の違いは?なんで日本では違法なの?わかりやすく解説します。】と題しましてまとめてみました。

ポイント

  • 尊厳死はあくまで自然に尽きる寿命を変えずに、残りの人生を自分らしく生きる選択。
  • 安楽死は残りの寿命を縮める行為。
  • 現状日本では違法行為に該当するが、法制化の議論が進んでいる。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました