銀だこ社長・佐瀬守男さんについてご紹介します!|坂上&指原のつぶれない店|伊太そば

Uncategorized

1月19日(日)18:30〜TBS系で放送の「坂上&指原のつぶれない店」では、

「築地 銀だこ」社長の佐瀬守男さんが出演します。

スポンサーリンク

前回の放送で、千葉県の経営が厳しいイタリアンのお店「きむらさん家」の

立て直しを任された「築地 銀だこ」の社長・佐瀬守男さん。

温和な話し方からは想像できない革新的な発想で、

次々とアイデアを出していましたね。

『なんとかして、お店を立て直してあげたい』という

佐瀬社長の思いがとても感じられて、なんだか見入ってしまいましたよね。笑

今回はそんな佐瀬守男さんについてご紹介したいと思います。

佐瀬守男さんのプロフィール

佐瀬守男さんは現在57歳で、群馬県桐生市の出身みたいですね。

高校は群馬県立桐生南高等学校を卒業しているみたいなので、

中学も地元の中学校だった可能性が高いでしょうね。

高校の偏差値は52くらいなので、特別に高い学校というわけではないみたいですね。

高校卒業後は、大学には行かず、専門学校の東京YMCA国際ホテル専門学校に通っていたそうです。

東京都新宿区にあり、ホテル業界に関する業務知識やマネジメント知識を習得するための私立専修学校なんだそうですね。

有名な実業家って東大とか早稲田、慶應などを出ている人が多いイメージですけど、

専門学校卒というのは驚きですね・・・

なんかわかんないですけど、

けっして高学歴ではないのに、実業家として成功しているってかっこいいですよね。

無名高校から甲子園みたいなね笑

スポンサーリンク

佐瀬守男さんの系歴は?

そんな佐瀬守男さんの経歴を見ていきましょう。

23歳の頃に母親といっしょに焼きそば店「ホットランンド焼きそば」を開業したそうです。

違和感しかないですねこの文章。

でも事実なんですよ。本当にお母様と一緒に焼きそば店を開業したんです。

当時はまったく売れなかったそうで、

新聞配達の仕事などをやりながら、営業していたそうですよ。

その後、自宅の一室をソフトクリーム工場にしてソフトクリームを売ったり、

たい焼き・今川焼き・おむすびなど様々な業態に挑戦したそうですがなかなか売れなかったみたいですね。

佐瀬守男さんも「きむらさん家」を初めて見た時、

この頃の売れていなかったお店を思い出すとおっしゃっていましたね。

そして、たこ焼き一本で行くと決めた佐瀬社長は、

1997年に「築地 銀だこ」をオープンしました。

一躍たこ焼き店としてブレイクし、現在は東証一部上場を果たし、

売り上げは317億円を記録するなど、日本を代表する会社に成長を遂げています。

どの実業家さんの話を聞いても、そうなんですけど

やはり皆さんとてつもない苦労や努力をされているんだなあと、

心から思いましたね・・・

本当に尊敬します。

ぜひ「きむらさん家」もなんとか立て直してもらいたいですよね!

【追記】

不安がたくさんだった、「きむらさん家」改め、「伊太そば」ですが

オープン初日を終え、目標の50食を完売したそうです!

本当によかったですね!

佐瀬社長も心配で昼も夜も店の近くでずっと見ていたみたいですね笑

なにはともあれ、なんとか良いスタートを切れて良かったですね!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「坂上&指原のつぶれない店」に出演した、

「築地 銀だこ」社長の佐瀬守男さんについてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました