【画像】松丸亮吾の新居自宅がすごい!?愛用スマート家電まとめ

気になる男性芸能人

2020年7月17日放送の「沸騰ワード10」では謎解きブームの仕掛け人・松丸亮吾さんの自宅が大公開されます。

スポンサーリンク

謎解きブームの仕掛け人・松丸亮吾さんが新居にお引越しされたということで、自宅をスマート家電で大改造していく企画です!

沸騰ワード10の人気企画である取り憑かれたシーリーズ。

松丸亮吾さんは前回の放送で、大学時代から住んでいるワンルームの自宅をスマートハウス化する企画が大好評だったそうです。

そして今回、松丸亮吾さんが新居にお引越しをされたそうで、また自宅をスマート家電で大改造するみたいですね。

この記事では『松丸亮吾の新居自宅で使うスマート家電まとめ【沸騰ワード10】』と題しまして、松丸亮吾さんが引っ越した新居自宅に導入したスマート家電をまとめてみました。

松丸亮吾が新居自宅で使うスマート家電

コンパクトUV-Cライト 3,800円(税抜き)

松丸さんの自宅のトイレに貼り付けてあったのが、こちらの紫外線除菌器。

トイレやゴミ箱の蓋の内側に貼っておくだけでセンサーが感知し、除菌をしてくれるそうです。

1回の充電で約1ヶ月も使えることも便利ですね。

Amazonで購入はこちら

 

Blind Engine 18,700円(税込)

こちらは壁に設置した、巻き取り式のスクリーンを動かす装置です。

スマートスピーカーと連動させることで、声だけでスクリーンの操作ができます。

Amazonで購入はこちら

 

BALMUDAレンジ

松丸さんがすごく欲しがっていた「BALMUDA」のレンジ。

レンジから出る音楽が全てギターの音になっているというオシャレな家電です。

Amazonで購入はこちら

 

BONIQ 19,800円(税抜き)

こちらは自宅で簡単に低温調理の料理が楽しめる便利調理家電。

低温調理機器はお兄さんのDaiGoさんも愛用していましたよね。

Amazonで購入はこちら

 

ラクラ・クッカー

こちらは今流行りの「ほったらかし調理家電」。

約10種類ほどの料理が材料を入れてほったらかしておくだけで調理できるんです。

自分で作ると難しい肉じゃがも簡単にできるとか!

Amazonで購入はこちら

松丸亮吾が以前の放送で紹介したスマート家電

松丸亮吾さんは2020年2月28日放送の「沸騰ワード」でも当時住んでいた自宅で使うスマート家電を紹介しています。

一覧でまとめましたのでこちらもご覧ください。

desk Hack 8,778円(税込)

デスクの裏に取り付けることで、机自体がワイヤレス充電器になる便利アイテム。

金属以外の32mmまでの厚みなら対応しているそうですよ。

Amazonで購入はこちら

 

QUADERNO 71,090円(税込)

まるで紙にペンで書いているような感覚になる電子ノート。

「手で書くと、その動きの中で思考がクリアになっていく」と、手で書くことは松丸さんにとって重要なことのようですね。

Amazonで購入はこちら

 

popIn Aladdin 79,800円(税・送料込み)

スポンサーリンク

天井の照明を取り換えるだけで簡単に設置することができるプロジェクター。

専用のアプリと連動すればテレビも見ることができるとか。

Amazonで購入はこちら

 

定刻起床装置 個人簡易型(SAC-5A型) 105,000円(税込)

朝に弱い松丸が使用している絶対に起きられるという目覚まし時計。

設定した時間に空気で袋が膨らみ、上半身を強制的に持ち上げて起こす仕組みになっている。

JRの駅員さんが実際に使ってる目覚ましなんだとか。

 

Qrio Lock 25,300円(税込)

スマートウォッチと連動して自動的にドアのロックが解除できるスマートロック。

ドアに近づくと、認識して鍵を自動的に解除してくれる仕組みになっている。

Amazonで購入はこちら

 

Amazon Echo Show5 9,980円(税込)

スマートスピーカーのAmazon Echoももちろん完備。

スマート家電リモコンと連動させることで、家の中の家電に手を使うことなく指示を出すことができます。

Amazonで購入はこちら

 

スマート家電リモコン 約7,000円

通常のリモコンの赤外線を学習し、スマートスピーカーと連動することで、家電を起動させることができるそうです。

松丸さんは「エアコンのリモコンも捨てられる」と嬉しそうに話していました。

Amazonで購入はこちら

 

めざましカーテンmornin’ plus 7,680円(税込)

スマホと連動させてタイマー設定することで、「(朝に)日の光が差し込んでくるんで自然と目が覚める」目覚ましの役割を果たしてくれる。

ローラーがカーテンレールにかみ、モーターが回ることで横移動し、カーテンを開閉する仕組み。

Amazonで購入はこちら

 

Switch Bot 4,480円(税込)

インターホンのスイッチを押すことができるスマートスイッチ。

インターホンのモニターに近づくことなく、声だけで来訪者に対応できる。

Amazonで購入はこちら

 

Philips Hueライトリボンプラス 21,077円(税込)

「IFTTT」というアプリと連動させると、「ツイッターと家電を連携させて光る仕掛け」など様々な仕掛けを自宅に施すことができます。

Amazonで購入はこちら

 

この記事のまとめ

今回は『松丸亮吾の新居自宅で使うスマート家電まとめ【沸騰ワード10】』と題しまして、松丸亮吾さんが引っ越した新居自宅に導入したスマート家電をまとめてみました。

ポイント

  • 2020年7月17日放送の「沸騰ワード10」で松丸亮吾さんが新居を公開。
  • 最新のスマート家電で新居自宅を大改造していく。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました