【画像】性格悪すぎ?勝村政信の三浦春馬への寄せ書き内容は?

気になるニュース

俳優の勝村政信さんが故 三浦春馬さんに対して書いた寄せ書きの内容が大きな波紋を呼び、

ネット上では”炎上騒ぎ”になっているようですね。

寄せ書きには《でかちんくんへ 愛してるよ 永遠に》とサインされ、三浦さんの首元にハートマークの様なものを書き込まれていた。

さらに勝村さんは、笑顔で写真に写っていたということで、どうも穏やかな話ではないですよね。

この記事では”炎上騒ぎ”になっている、

「勝村政信さんが故 三浦春馬さんに対して書いた寄せ書きの内容」について調べてみました。

スポンサーリンク

【画像】勝村政信の三浦春馬への寄せ書きが性格悪すぎ?

このようなニュースが話題になっているようです。

「勝村と三浦さんは昨年に舞台『罪と罰』で共演しましたが、そのときのメンバーで追悼会を開いた様子が8月17日、ツイッターに投稿されました。

 

投稿したのは会場となったレストランの関係者だそうで、アップされた画像には三浦さんの写真が貼られた寄せ書きを囲み、複数の男女が写っています。そのほとんどが笑顔で、なかにはピースサインをしている人も。もちろん、勝村もニッコリとして写っていました

昨年に公開した舞台『罪と罰』で、

勝村政信さんと三浦春馬さんは共演されていたそうですね。

ちょうど舞台のメンバーで三浦さんの”追悼会”を開かれたということで、

会の様子を勝村政信さんが自身のTwitterに投稿されたようです。

 

写真に写っているのは、勝村政信さんが共演した俳優さんたちや舞台関係者の方々だそうです。

この”笑顔でピースサインをしている”というメンバー達の態度に

世間からは「お葬式でピースをしながら写真を撮りますか?」

といった厳しい声が上がっているようです。

 

 

そして大きな波紋を呼んでいるのがこちらの写真。

色紙の左側に大きな太い文字で書いてあるのが勝村政信さんのメッセージです。

その内容が

《でかちんくんへ 愛してるよ 永遠に》というもの。

そのメッセージ共に自身のサインと、

三浦さんの首元に小さくハートマークの様なものも書いてあることがわかります。

 

《なんで知ってるんですか?》というメッセージも真ん中の方に書いてありますが、

勝村政信さんとしては、それくらい三浦春馬さんと親しかったという関係があってのメッセージだったのでしょうね。

正しい表現かはわかりませんが、

ありきたりな文章よりも愛情を込めたつもりだったのかも知れません。

 

世間からは「人間性を疑う」「どういう神経してるの?」

ですが、もちろんと言っては何ですがTwitterに投稿されたこの画像は大炎上。

多くの批判的なコメントが殺到する結果となってしまいました。

スポンサーリンク

 

三浦春馬さんと共演してきた舞台を終えて共演者たちは三浦春馬さんが大切な仲間として三浦春馬さんと一緒に打ち上げをしているように時間を過ごして笑顔でいたんだと思います。 勝村政信さんだって共演者だって三浦春馬さんに愛情いっぱいなんだと思います。
大好きな俳優さんの死 いい大人が安易な行動をして、人を傷つけないで欲しい 彼と彼を思うすべての人を、これ以上悲しませないで欲しい すっごく悲しくなりました
SNSに投稿するならファンの方々も目にするだろうに。 勝村政信の「でかちんくんへ」には、せめてモザイク入れるなりの配慮も出来たんじゃないのかな。 勝村政信を叩いてる人達を避難する人も多いけど、これは流石に嫌な気持ちになるよね。。。 他の人も見るものに書く言葉ではないよね。

 

批判的なコメントはもちろんですが、勝村さんを擁護する声もありました。

あえて当時のメンバー達で集まって追悼会をするということは、

三浦春馬さんへの思いが強いからこそなんだと私は思います。

 

勝村政信さんがどういう性格なのかは一般の私にはわかりませんが、

三浦さんとのそれだけ三浦さんとの仲が深かったと考えることもできます。

 

メンバーが笑顔でピースをしているという批判も、

「笑顔で送り出したい(メッセージを届けたい)」といった意味合いもあったのかもしれません。

 

そういった肯定的な見方もできますが、

やはり世間的には

「勝村政信の人間性をうたがう」

「どういう神経してるの?」

こういった批判が多いようですね。

 

追悼をされたその行動は本当に素晴らしいことだと思いますから、

タイミングを誤ってしまった感じは否めないですね。

 

いずれにしても、三浦さんが亡くなって1か月も経たないうちに、こうした寄せ書きを公開するべきなのかは疑問です。

また、仮に“笑顔で三浦さんを送りたい”という気持ちで集まったのだとしても、あの内容では無神経で不謹慎、とバッシングされても仕方がないでしょう。

おまけに『ドクターY』の放送が発表された日に、この炎上騒動ですからね。テレ朝としても、バッシングが今後も収まらないようなら、何らかの対策を講じなければならないでしょう。

新ドラマ『ドクターY』が発表された矢先に

こういった騒動になってしまったのは正直痛手になってしまいますよね。

大きな影響にならないことを祈るばかりですね。

https://hikapeeeen.com/enjou-chigyu-sega-puyopuyo-5856
【炎上】パパラピーズが鬼ごっこした大学はどこ?「授業できない学生の気持ちは?」世間の反応まとめ
人気ユーチューバーの「パパラピーズ」が24日『大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww』という題名の動画をアッ...
【炎上】「鈴本愛佳のぶっちゃらけ」アカウント削除!ファンからは「地獄」「しんどい」
元欅坂46の志田愛佳さんと鈴本美愉さんが7月3日(金)、YouTube番組「鈴本愛佳のぶちゃらけ」を開設し、自身の恋愛観...

 

勝村政信さんが一連の騒動を謝罪

勝村政信さんが22日、一連の騒動を謝罪されました。

以下謝罪文の抜粋です。

私、勝村政信は、共演を通して三浦春馬さんと知り合い、長く親しくさせていただいておりました。時には弟のように感じ、時には、20歳以上の年齢差があるにも関わらず、彼の方が兄のように思えたことも多くありました。

 

(途中略)

 

僕は春馬君から「カッチン、カッチン」とずっと呼ばれていました。今でも、「カッチン!」と呼ぶ彼の大きな声が聞こえてきます、それに対して、後は彼のことを語呂合わせみたいに「デカチン」という愛称で呼んでいて、稽古場でもどこでも2人で「カッチン!」「デカチン!」と呼び合っていました。

 

そのため、皆さんがSNSで目にした色紙にも、いつものように親しみを込めて彼の愛称を書き込んでしまいました。春馬君個人にあてた色紙でしたので、いつものように愛称を書き込み、周りの参加メンバーも何も違和感をもたなかったのだと思います。

 

これは私の考えの浅さで、この色紙が多くの方々の目に触れる意識が全くなく、単に愛称を書いたという認識しかありませんでしたので、初めてご覧になった方が、その文字面に驚かれ、不快な思いをされたのは当然のことです。申し訳ありませんでした。

 

この記事のまとめ

今回は

”炎上騒ぎ”になっている、

「勝村政信さんが故 三浦春馬さんに対して書いた寄せ書きの内容」について調べてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました