『半沢直樹2』あらすじ&キャスト、原作ネタバレ!主演の堺雅人さんの演技に注目!

話題のTV番組

2013年に放送され、決め台詞「やられたらやり返す、倍返しだ!」が流行語にまでなった大人気ドラマ『半沢直樹』の続編が2020年7月19日(日)から放送されます。

スポンサーリンク

TBSの超大人気ドラマ『半沢直樹』の続編シリーズである『半沢直樹2』が放送スタートします。

この記事では『『半沢直樹2』あらすじ&キャスト、原作ネタバレ!主演の堺雅人さんの演技に注目!』と題しまして、半沢直樹2のあらすじやキャスト、原作ネタバレ、みどころなどをご紹介したいと思います!

『半沢直樹』の続編シリーズが2020年7月19日(日)放送開始!!【半沢直樹2】

2013年に放送され、大ヒットを記録したドラマ『半沢直樹』。

「やられたらやり返す」「倍返しだ!」などの決めゼリフは流行語となり、一躍社会現象を巻き起こしました。

そんな大人気ドラマの続編が2020年7月19日からTBS日曜劇場(毎週日曜21:00〜)で放送スタートするんです!

前作『半沢直樹』を無料で見るならこちら

『半沢直樹2』のあらすじは?

[新ドラマ]日曜劇場『半沢直樹』7/19(日)スタート!! SP映像を公開!!!【TBS】

『半沢直樹2』のあらすじをご紹介します。

宿敵・大和田(香川照之)の不正を暴いたはずが、子会社・東京セントラル証券へと出向になってしまった半沢(堺雅人)。親会社の銀行からゴミ案件を押し付けられる日々を送っていた…

 

そんな中、大手IT企業・電脳雑伎集団から大型買収のアドバイザー依頼が舞い込む。「銀行を見返すチャンス!」と意気込む半沢らだったが、その裏には何やら陰謀が渦巻いていて…巨大銀行を相手にした、不屈のバンカー半沢の新たな戦いが幕開ける!

 

『半沢直樹2』の原作も調べてみました。

続編『半沢直樹2』の原作は池井戸潤の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』です。

前作『半沢直樹』は『オレたちバブル入行組』を原作とした大阪西支店編と、『オレたち花のバブル組』を原作とした東京本店編の二部構成で放送されました。

続編ドラマの原作は、3作目の『ロスジェネの逆襲』と4作目『銀翼のイカロス』になるとのことです。

 

前作の最終回では、半沢直樹は部長への昇格の噂があったにもかかわらず、東京セントラル証券への出向を命じられます。一方、大和田常務は出向ではなく降格人事に留まりました。

旧東京第一銀行出身である頭取・中野渡謙から恩を売られたかたちとなったため、これにて出身銀行の派閥争いは収束。

この結果から、半沢直樹を応援して来たファンからは納得のいかない声が多く上がり、終了直後から早くも続編が期待されていましたよね。

東京セントラル証券から半沢直樹がどのように大企業に戦っていくのか、ぜひ期待したいですね!

『半沢直樹2』のキャストは?

東京セントラル証券・営業企画部長
半沢直樹/堺雅人

旧産業中央銀行出身のバンカー。曲がったことがなによりも嫌いな性格で、上司とぶつかることも多い彼ですが、部下からの信頼は厚い人物です。

東京セントラル証券の営業企画部長としてどのような活躍をされるのか楽しみです。

 

半沢の妻
半沢花/上戸彩

半沢直樹の妻役は前作と同じく上戸彩さん。

不正に立ち向かう夫・直樹を献身的に支える姿には多くの視聴者が感動しました。

 

渡真利忍/及川光博

前作からの続投。

半沢直樹の同期で、東京中央銀行融資部に勤める頼りになる情報通。

 

黒崎駿一/片岡愛之助
中野渡謙/北大路欣也

片岡愛之助さん演じる黒崎駿一は前作では大阪で大阪国税局の統括官として、東京では金融庁検査局の主任検査官として半沢の前に立ちふさがりました。

そして前作で半沢を東京セントラル証券へ出向するよう命じた、北大路欣也演じる中野渡。東京中央銀行の頭取を務める中野渡の今作での役どころも期待です。

 

大和田暁/香川照之

半沢直樹の宿敵、大和田暁常務役にはやはりこの人しかいません。

「顔芸」とまで評されたあの怪演と屈辱の土下座シーンは本当にしびれました。

 

東京セントラル証券・営業企画部調査役
森山雅弘/賀来賢人

新キャストの賀来賢人さん。

半沢直樹の出向先「東京セントラル証券」のプロパー社員・森山雅弘を演じます。

森山は半沢の新たな戦いをサポートする役どころだそうで重要な人物なようですね。

 

東京中央銀行・証券営業部長
伊佐山泰二/市川猿之助

東京中央銀行で証券営業部部長を務める伊佐山泰二を演じるのは市川猿之助さん。

同行の副頭取・三笠が目をかけている有望株で、忠実な手下として半沢を追い込んでいくとか。

大和田常務を失脚させた半沢に恨みがあるということです。

 

東京中央銀行・副頭取
三笠洋一郎/古田新太

東京中央銀行の副頭取・三笠洋一郎を演じるの古田新太さん。

中野渡や半沢直樹の敵として立ちはだかるようです。

 

半沢や渡真利の行きつけ小料理屋🍶
女将・智美/井川遥

半沢行きつけの小料理屋の女将・智美を演じる井川遥さん。

同行の個人株主でもある智美は内部を知る情報通キャラだそうです。

 

東京セントラル証券・営業企画部員
浜村瞳/今田美桜

東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳を演じるのは今田美桜さん。

森山と同じく半沢直樹の部下として働くことになります。

 

スパイラル・社長
瀬名洋介/尾上松也

スパイラル社の創業者である瀬名洋介を演じるのは歌舞伎俳優の尾上松也さん。

スピンオフドラマからの続投になります。

 

スパイラル・役員
加納一成/井上芳雄

検索サイトの開発で日本トップクラスとなったIT企業「スパイラル社」の創業者の一人である加納一成を演じる井上芳雄さん。

 

国土交通大臣
白井亜希子/江口のりこ

アナウンサーから転身した政治家、国土交通大臣・白井亜希子役には江口のりこさん。

 

帝国航空再生タスクフォース・リーダー
乃原正太/筒井道隆

大手航空会社「帝国航空」の再建を任された帝国航空再生タスクフォースのリーダーを演じるのは筒井道隆さんです。

 

進政党重鎮議員
箕部啓治/柄本明

白井大臣の支援者である進政党議員・箕部啓治を演じるのは柄本明さんです。

 

フォックス・社長
郷田行成/戸次重幸

PC周辺機器販売の大手「フォックス社」社長・郷田行成役には戸次重幸さんが演じます。

 

電脳雑伎集団・社長夫人
平山美幸/南野陽子

半沢が担当する大手IT企業の買収案件に関わるIT企業「電脳雑技集団」の副社長・平山美幸役は南野陽子さんです。

 

電脳雑伎集団・社長
平山一正/土田英生

大手IT企業「電脳雑技集団」の社長・平山一正役を演じるのは土田英生さん。

 

東京セントラル証券・営業企画部次長
諸田祥一/池田成志

半沢と同じく銀行からの出向組である諸田祥一役を演じるのは池田成志さん。

 

太洋証券・営業部長
広重多加夫/山崎銀之丞

太洋証券営業部長・広重多加夫役の山崎銀之丞さん。

大手IT企業の買収案件で、買収される会社にアドバイザーとして関わっていきます。

『半沢直樹2』原作ネタバレは?『ロスジェネの逆襲』

『ロスジェネの逆襲』の結末ネタバレもまとめました。

半沢が「東京スパイラル」のアドバイザーに就任

電脳雑伎集団から依頼を受け、東京スパイラル買収の計画を練っていた東京セントラル証券。

 

しかし、交渉が順調に進まず、一方的に契約を破棄された挙げ句、なんと、東京中央銀行証券営業部が、新たに電脳雑伎集団とアドバイザー契約を結んだ。

 

親会社が裏で手を引いて、子会社の案件を「横取り」していたのだ。

 

それを知った半沢は、「この借りは必ず返す。やられたら倍返しだ。」と、買収される側の「スパイラルのアドバイザー」に就任する。

「フォックス」のホワイトナイト

東京スパイラル社長・瀬名は、会社が買収されないよう、何100億円にもなる新株予約券を発行する予定だった。

 

その新株をホワイトナイトに引き受けてもらうことで、電脳がスパイラルの株を過半数以上取得するのを避ける作戦だったのだ。

 

そのホワイトナイトの白羽の矢がたったのが「フォックス」でした。

 

IT業界では一目置かれる存在のフォックス社長の郷田は緻密な頭脳の持ち主。

 

ところがこのフォックス、実のところ投資失敗により自主再建が難しいほど資金繰りに困っており、身売り先を探していたのだった。

 

支援も受けられずにいた郷田に声をかけ、救済を申し出てくれたのが電脳・平山社長。

 

救済してくれた手前、郷田は平山に言われるまま、ホワイトナイトを装うのだった。

電脳との戦い

半沢に助言された瀬名はフォックスを買収、フォックスがサンフランシスコに持つ「コペルニクス」という会社を足掛かりに、アメリカ進出することをマスコミに独占取材させる。

 

その結果東京スパイラルの株を一気に高値に押し上げることに成功。

 

赤字決裁を余儀なくされるほど追い詰められていた電脳・平山社長は業績の順調な東京スパイラルと一緒になって、有価証券報告書の虚偽記載をうやむやにして乗り切るよう画策する。

決着

取締役会当日に東京中央銀行に乗り込んだ半沢は、中野渡頭取を前にして全てのからくりを暴露。

 

平山社長の不正に気が付かなかった証券営業部は、失態を晒す結果となり、三笠副頭取と伊佐山部長は電脳雑技集団に出向して後始末をすることになる。

 

マスコミは、アドバイザリー業務で東京中央銀行が子会社の東京セントラル証券に敗北したことを報道し、見事に半沢は親会社に「倍返し」を決めた形になる。

 

そして、半沢は東京中央銀行の営業第二部に呼び戻されることになったのであった。

『半沢直樹2』のみどころは?

やはり前作と同じく個性豊かな「嫌なやつら」がたくさん登場することですかね。

銀行内部、政治家、弁護士など、「権力にものをいわせてくるやつら」が盛りだくさんです(笑)

半沢たちはもちろん、その悪役を演じる役者さんたちの演技にも注目です。

 

そして、重要な結末ですが、前作ではなんともモヤモヤした結果で終わったことで話題になりましたよね。

しかし、原作と同じようなラストを迎えるのならば、今作は「勧善懲悪」スッキリなラストを迎える気がします。

ぜひ楽しみに待ちましょう!

この記事のまとめ

今回は『『半沢直樹2』あらすじ&キャスト、原作ネタバレ!主演の堺雅人さんの演技に注目!』と題しまして、半沢直樹2のあらすじやキャスト、原作ネタバレ、みどころなどをご紹介しました。

ポイント2020年7月19日(日)日曜劇場『半沢直樹2』が放送スタート。

今作の原作は池井戸潤の「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました