蛭子さんの認知症検査!診断結果は?「最近ボケてきた」認知症の進行はどうなっている?

気になる男性芸能人

蛭子能収さんに「認知症」の疑いがあるのでは?ということで番組で検査をするみたいですね。

スポンサーリンク

7月9日(木)放送の「主治医が見つかる診療所」では漫画家の蛭子能収さんに完全密着して、認知症かどうかを検査されるそうです。

はたして蛭子さんの診断結果はどうなんでしょうか?

 

この記事では『蛭子さんの認知症検査!診断結果は?「最近ボケてきた」認知症の進行はどうなっている?』と題しまして蛭子能収さんの認知症検査の診断結果や、「ボケてきた」エピソードなどについてご紹介します。

蛭子能収さんが最近ボケてきた?

漫画家などとして活躍されている蛭子能収さんですが、どうも最近「ボケてきた」ということで、ご家族やマネージャーから認知症の疑いがあるというタレコミがあったそうです。

蛭子さんは現在72歳ということで「ボケてきた」といわれても不思議ではない年齢ではあります。

蛭子さんのキャラクター的に天然ボケで済まされてしまうことが多かったのかもしれませんね(笑)

 

最近の蛭子さんは物忘れなどがかなり激しくなっているようで、番組内での認知症テストを蛭子さんに受けてもらうとこのような結果が次々と出たそうです。

認知症の疑い①簡単な暗算ができない?

蛭子さんに認知症テストの一環として簡単な暗算をしてもらうと、ほとんどをミスしてしまったということが番組予告をみるとわかりました。

※くわしくは番組の放送を視聴後に追記します

認知症の疑い②「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の女性ゲストを忘れてしまった?

蛭子さんが出演されている代表的な番組である『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』では毎回マドンナ役の女性ゲストが出演されていますよね。

大の女性好きな蛭子さんですからさすがにこのマドンナ共演者の方たちは覚えているのでは?と思いきや、女性ゲストの名前や番組の内容まで忘れてしまっていたそうです。

蛭子さんとマドンナゲストさんの掛け合いは本当に面白くて大好きだったので覚えていて欲しいですね。。。

どこまで忘れてしまっているのかは番組をみないとわかりませんが、「ちょっと忘れちゃってました」くらいであることを祈っています(笑)

認知症の疑い③近年のマンガ作品の内容が以前と変わってきた?

蛭子さんのマンガ作品を読んでいるファンの方達などの中には、近年の蛭子さんの作品内容の変化を感じている方もいらっしゃるみたいですね。

作品内容の変化が認知症の原因とまでは断定できませんが、心配な情報ですよね。。。

蛭子能収さんの認知症検査の診断結果は?

気になる蛭子さんの認知症検査の診断結果ですが、

スポンサーリンク

レビー小病帯とアルツハイマー合併症に近い認知症だという結果がでました。

今後の活動などはまた発表されるようですが、とにかく心配ですよね。。。

認知症はどのように進行するの?

では「認知症」はきっかけはどのような症状で、どのように進行していくのか?

気になるところです。

認知症発見のきっかけ

認知症発見のきっかけにはこのような症状があるようです。

  • 物忘れ
  • 会話についていけない
  • 話がわからない
  • 消極的になる

これらの症状があれば確実に「認知症」だというわけでは勿論ないですが、一つの判断基準にはなると思います。

認知症の進行は?

認知症の進行段階というものは明確に決まってはいないそうですね。

認知症は大きく分けて「周辺症状」と「中核症状」に分類されます。

 

物忘れのような症状は「中核症状」に分類され、認知症の方は誰しもがある症状だと言われているそうです。

その「中核症状」にその方の性格などが影響してイライラや徘徊、過食などの「周辺症状」と言われる症状が出てくるみたいですね。

 

「認知症」は症状などもかなり複雑で適切に治療やケアをすれば改善するというものではないそいうですから、今回の蛭子さんの件も人ごとではなく、少し自身の環境とも照らし合わせてみると良いかもしれませんね。

世間の反応は?

この記事のまとめ

今回は『蛭子さんの認知症検査!診断結果は?「最近ボケてきた」認知症の進行はどうなっている?』と題しまして蛭子能収さんの認知症検査の診断結果や、「ボケてきた」エピソードなどについてご紹介しました。

ポイント7月9日(木)放送の「主治医が見つかる診療所」の企画で蛭子さんの認知症を検査

かねてから家族やマネージャーから蛭子さんの認知症の疑いがあった

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました