【ダブルベッド】美人タレントと同棲!林家たま平さんのプロフィールや家族についてご紹介!!

ダブルベッド SEVEN DAY LOVER

2月27日(木)23:56〜TBSで放送の「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」では、

落語家の林家たま平さんが出演しますよ。

スポンサーリンク

今や大人気番組になっている「ダブルベッド」。

もちろん僕も毎週楽しみに見ています!

今週から新しいシリーズが始まり、

入居者に林家たま平さんが抜擢されたみたいですね。

今回はそんな林家たま平さんのプロフィールなどについてご紹介したいと思います!

林家たま平さんのプロフィール

林家たま平

本名:海老名 泰良

生年月日:1994年5月29日(25歳)

出身:東京都

身長:165cm

体重:70kg

血液型:O型

趣味:三味線、茶道、ピアノ、ギター

本名の海老名 泰良という名前は、

代々受け継いできた名前なんだそうですね。

伝統的な感じがかっこいいですね!

趣味も非常に文化的というか、

育ちの良さみたいなものを感じますね。僕とは大違いですほんと。

林家たま平さんの出身校は?

林家たま平さんの出身高校ですが、

明治大学付属中野中学・高等学校です!!

高校時代はラグビー部に所属していたみたいですね!

知っている方も多いかもしれませんが、

あのガッシリとした体はラグビーで鍛えられたものだったんですね!

ムキムキでかっこいいですよね〜。

ラグビーの実力も素晴らしいみたいですね、

学生時代東関東ベストプレイヤーに選出されたり、海外からオファーが来るほどだったそうですよ!!

大学はそのまま明治大学に進むことはせず、

落語家として、家業をそのまま継いだみたいですね。

ラグビーと落語ですから、あまり接点がないように思えるんですけど

これが今の林家たま平さんの活躍に繋がっているわけですから、

学生時代ラグビーを全力でやってきて良かったですよね!

林家たま平さんの華麗なる家系について

祖父:初代林家三平

スポンサーリンク

生年:1925年11月30日

没年:1980年9月20日

落語に新たな感性を取り入れて、革新的な落語を作りあげた、

昭和を代表する落語家として活躍されました。

54歳という若さで亡くなったそうですが、

多くの落語についての考えだったりが伝統として

今も受け継がれているようですね。

父親:9代目林家正蔵

生年月日:1962年12月1日

前名は、林家こぶ平です。

落語協会副会長で、2015年に、文化庁芸術祭賞・大衆芸能部門関東参加公演の部 優秀賞を受賞したそうです。

林家たま平さんは、お父様に弟子入りしたというっことだったんですね〜。

それでも林家正蔵さんは、弟子になるなら親子としての関係は切るとまで言ったそうですね。

落語の世界では、自分が頑張らないとやっていけない厳しい世界なんですね・・・

2013年に実の父である9代目林家正蔵さんに弟子入りし、その後2014年には前座となり、2017年に二ツ目に昇進されたんだそうです。

ドラマ「ノーサイドゲーム」にも出演

林家たま平さんは、昨年大ヒットした

日曜ドラマ「ノーサイドゲーム」に出演されたことで、世間からの注目が上がりましたよね。

役名は「佐々一(ささ はじめ)」、トキワ自動車のラグビーチームアストロズの新人の役でしたよね。

池井戸潤さんの原作ドラマって歌舞伎俳優の方や落語家の方がよく出演されるイメージがありますよね。

なんでなんですかね?

その中でも、ラグビー経験のある林家たま平さんはこの作品にはぴったりの役だったのでしょうね。

「ノーサイドゲーム」のドラマ出演をきっかけに落語界以外でも活躍の場を広げることになった林家たま平さん。

今回の「ダブルベッド」でもたま平さんの持ち味や魅力が存分に見られるでしょうから、要チェックですね!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は

2月27日(木)23:56〜TBSで放送の「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」に出演される落語家の林家たま平さんについてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました